knulpAA gallery

貴島雄太朗ガラス展
KIJIMA Yutaro Glass Exhibition
2021

April 24(sat) – May 2(sun), 2021
close April 28(wed)
11:00-19:00(11:00-16:00 May2)

Photograph, MACHIDA Akihiko

knulpAA gallery

Glass Exhibition

KIJMA Yutaro

April 24(sat) – May 2(sun), 2021
close April 28(wed)

礫2021|SAKUMON-TSUBUTE

変わること、変わらないこと、
変えたいこと、変えたくないこと、
そういうものがあるなぁと再認識させられた一年でした。

環境がどんなに変化しても、変わらず制作に取り組めていることに感謝しています。
何をどう変えて行ったらいいのかと思うとき、「道は続いている」と自分に言い聞かせています。

貴島雄太朗

貴島雄太朗ガラス展
KIJIMA Yutaro Glass Exhibition
2021年4月24日(土)- 2021年5月2日(日)
4月28日(水)休
11:00-19:00(最終日16:00まで)

knulpAA gallery
東京都練馬区石神井町1-21-16

西武池袋線「石神井公園駅」中央口南口より徒歩2分。池袋から急行で9分。
2min. walk from Shakujii Park station of Seibu Ikebukuro line.

2020年の展示

Glass Artist

貴島雄太朗
KIJIMA Yutaro

Profile

1964年東京都生まれ。明治大学商学部卒業後、損害保険会社勤務のかたわら1992年吹きガラスを始める。1994年Pilchuck Glass School参加、1995年Lino Tagliapietra氏及びRudy Gritch氏によりbest studentにノミネート。

1996年東京都練馬区大泉学園町の閑静な住宅街にある自宅敷地内に吹きガラス工房「青樹舎硝子工房」を開設。現在、同ガラス工房主宰、吹きガラス教室講師、ガラス作家として代表作「削紋」を始めとする自身の作品制作を行う他、工業用ガラス製品、商業ディスプレイデザインなど企業からの依頼制作を担う。

展示予定をお知らせ致します
Get updates about next exhibitions