漆工芸家 江藤雄造氏との共作

大阪のギャラリー螺のお導きで、漆工芸家の江藤雄造氏と出会いました。漆の魅力、ガラスの魅力を引き合わせて、良いものを作りたいという思いが、共作を産みました。江藤氏の鮮やかな金魚は、皿を割れた金魚鉢の一片を水面から底まで舞うように泳ぎます。ガラスに載せられた漆は、黒でさえも鮮やかに豊かに揺らめきます。