工房リニューアル工事について

開設以来四半世紀設備を使い続けてきて、だいぶ各所に劣化を感じられるようになりました。そして、今後何年仕事を続けられるかなどと考えてみると、騙し騙し使うより、この先15〜20年間きちんと仕事できるように、元気な今のうちに整備してしまおうと思い立ちました。溶解炉を解体して新しい断熱素材に入れ替え、焼き戻し炉の更新、徐冷炉の更新及び新設、建物内の塗装や床の敷き直しなどを行いました。